ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日、草加中古土地付建物の仕入れ契約がありました。会社設立後、はじめての契約です。茨城の水戸まで、車で約1時間半。GS専務の契約内容の説明により、問題なくいきました。
建物は解体して土地のみでの販売で行く予定です。広さ31坪、仕入金額900万円。予想での販売価格は、理想で1480万円。最悪1280万円。解体や所有権移転登記、取得税、仲介手数料等(実際はもっと細かく計算しています)、諸経費で250万円程みています。よって粗利、330万円~130万円。期間は3ヶ月~6ヶ月での資金回収で考えています。悪い場合で年利28.8%、良い場合で146.6%です。エンドユーザーからの仕入れ案件なので、これぐらい投資利回りがないとうまみがないですね。なんといってもなかなか情報は来ないですから・・・。
今回の売買契約までの道のりで、もっとも大変だったのは、実際の所有者が倒れてしまい、契約行為が不可能な状態だったこと。この所有者の息子さんから依頼があり、後見人制度を利用して、売買の契約まで行きました。私も初めての経験ですので家庭裁判所まで何度も質問にいきました。まあ、いろいろと勉強にもなりましたし、売主様からも感謝され、「良い仕事ができたなぁ」といま思っています。投資の利益は、株の取引で有名なウォーレンバフェットもいっているとおり、購入したときに利益がでます。これは、金持ち父さんの本の中でも書いてありました。今回の購入も900万円で買えたことにより、エンドユーザーの相場より、3割ダウンで購入できました。よってよいパフォーマンスが期待できます。しかし、まだ利益が確定したわけではないですから、油断大敵。
なぜ、不動産投資に関して詳しいのって思った方がいたのではないでしょうか?
はい。私とGS専務は元々同じ不動産会社で働いていたのでした。GS専務は、その会社の営業トップセールスマンで副店長。私は、建築部の部長。よって、この分野は我々の土俵であり、もっとも硬く利益が取れる投資分野でもあります。しかし、不動産の投資は金額が金額なだけに融資を活用できない会社立ち上げの時期は、つらいものがあります。必要な金額を寝かしておくわけにも行かないし、かといって、良い利回りでまわるものを逃すのももったいない。よって、3年後には融資が受けられ、必要な時に、必要な資金を手配できるように、今から銀行、信金への対策を考えていきたいと思います。

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アセットファクトリーのバリュー投資ブログ, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。