ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


空色さん、こんにちは。
ファイナンシャルアカデミーのセミナーは、一度しか参加したことはありませんが、コストパフォーマンスとしては良かったです。ちょこちょこ、セミナーの間で宣伝がありましたが、特に気になるほどではありませんでした。それがないと格安や無料でのセミナー開催は無理になるので、宣伝があっても私としては安いほうが良いですね。
 私の場合、収益不動産への投資は最初から1棟買いです。自己資金との相談になりますが、1棟買いのほうがメリットは多いと思います。工夫の余地が大きいというか・・・。解体すれば、土地で最悪いくらで売却できるという見込みがたつことが一番のメリットかもしれません。
あと、区分所有物件の場合、空室か満室かの2通りしかありませんので空室になった場合、キャッシュフローが必ずマイナスになる点もリスクが高くなります。1棟買いの場合は、空室になるとしてもいっぺんに全室空室になることはないので、キャッシュフローがマイナスになる前に対処できる点も良い部分ですね。これは、融資する銀行側からみた場合も同じような判断になるので、区分所有の場合は、空室でも現在の収入で払っていけるぐらいの物件までしか、融資してくれません。これもちょっとつらい点です。

最近、投資の中で一番堅実なのは起業ではないかと思い始めていますが、どうなんでしょう

との質問ですが、どちらが良かったかは分かりませんが、不動産投資を中心とした起業であれば、サラリーマンでも可能です。
私の場合、サラリーマン→退社→会社設立→不動産購入という流れでしたが、低リスクで起業するのであれば、サラリーマン→不動産購入→会社設立→退社が良かったのかなと思います。
大家業はサラリーマンでも出来ますし、物件が増えて、税金の面などを考慮して管理する会社が必要であれば、それからでも良いのかと。
私の場合は、不動産業・建築業としての仕事をメインに考えて独立したので、サラリーマン時代での起業は不可能ですが、収益不動産の管理会社としての起業であれば、会社設立は遅らせていたかもしれません。
なんと言っても、銀行借り入れの信用力が、起業まもない人間とサラリーマンだと圧倒的に違うからです。独立してから分かったことですが、サラリーマンだと借入できて購入できた物件なのに、辞めたばかりだと購入できない物件というのがでてきます。サラリーマン時代に、1棟でも収益物件をもっていれば、独立してからの信用力も変わったかもしれません。
個々の能力次第なので、投資の中で一番堅実なのが起業だとは思わないですが、市況に左右されず、能力次第で収益を上げられるのは、やっぱり起業が一番だと思いますね。



こんばんは。丁寧な回答をありがとうございました。

不動産は最初から一棟買いだったんですね。ワンルームは稼働率が0か100のどちらかなのがイヤだな~と思っていましたが、それが実際に融資にまで影響するとは思いませんでした。みんな考えることは同じなんですね(笑)

私はいま公務員なので、借金をする際には有利な方だと思います(他にローンもありませんし)。御指摘いただいたような不動産所得→起業→退職の方がリスクは低そうですし、後々の資金調達を考えてもその方が良さそうですね。

機会があれば、初めて不動産を取得された際のエピソードなども(差し支えのない範囲で)教えていただけると嬉しいです。
それでは~
【2007/05/04 00:59】 URL | 空色 #RbQi3znE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 アセットファクトリーのバリュー投資ブログ, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。