ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久しぶりの書き込みになります。新事務所を作っていました。といっても自宅を増築してという感じですが。
IKEAの収納家具や机で統一して、6帖ぐらいスペースですが、なかなか気に入っています。

そのでは、収益物件取得体験談つづきです。

ドキドキしながら、その夜は寝て、火曜日の朝になりました。
会社に出社して、朝一で、ビジネスパートナーに相談。「良い物件がレインズにでていた。早速見に行こうぜ!」みたいな感じで、まず現場確認。とおり道に同じ売主の物件Bアパートがあったので見てみる。・・・悪くない。結構環境はよさそう。スーパーも近いし駅も近い。でもAアパートに比べると土地の価値から考えるとちょっと見劣りする物件。
資金的にも1棟しか買えないので、すぐに目的のAアパートへ向かった。
現場についてみてみると・・・。道路は舗装されてない・・・。隣に水路がある・・・。受水槽で水を貯め分配しているので水道料金の請求など管理が大変そう・・・。1部屋は部屋の前にゴミの山があって大変そう。などいろいろ問題点が見つかったが、入居状況は満室、やっぱり安い。
売主の業者へ連絡して、受水槽の件や、前面道路の権利など疑問点を確認。更に確かなものにするため、役所・水道局などに調査。
車の移動中に会議・会議・会議って感じでいくらなら買えるか、指値の検討をする。
しかし、我々にとって初めての収益不動産購入なので、すこし臆病になって「○○円ぐらいが妥当じゃない?」など実際売りに出ていた金額より200万円ぐらい安い金額を査定。
舗装ができるか、水道のメーターを各部屋ごとにつけられるか?など役所や水道局に調査をして、更に電話で売主担当者と購入を前向きに検討しているが、金額が200万円ぐらいの指値が可能か探りをいれたりしながら、事務所へ戻る。これが確か3時頃だったような。

そして、売主担当者へ最終確認で電話をすると・・・愕然となることに。(つづく)

スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2007 アセットファクトリーのバリュー投資ブログ, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。