ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は、読書が好きです。これは、投資をすることについても、読書が嫌いな人に比べて、すごく有利なことかと思います。なぜなら、今までの成功ノウハウ、思考パターンなどを、ものずごく短い時間で習得できるからです。
本来は、自分で考え、自分で実行し、たくさんの時間を費やして学ぶものを本は数時間あれば読み終わり、たくさんの仮の経験・思考パターン等が頭のなかに入ってきます。実際に、体験したほうがもちろん、かなり深くまで学ぶことができるので良いのですが、時間がかかることが欠点です。
また、読書をするということは、ある意味、かなりローリスク、ハイリターンな投資だと思います。(ほとんどノーリスク、書籍代ぐらい・・・図書館へいけばタダか)リターンは無限大に広がり、人によっては何百億・何千億の資産へ変えることも可能になります。
本の中でも良い本と悪い本があるとは思いますが、基本的には書籍として出版されている以上、ビジネス関係・投資関係の本であれば、その著者はその方法で成功しているのだと思います。(その成功は継続的ではなく、一瞬だけの成功かもしれませんが)よって、読んだ中で自分が本の内容を頭の中で加工し、これからの判断をする上での「知識」として蓄積していくことが大切だと思います。
必ず、人生の中では、「決断」しなければならないことがたくさんでてきます。投資・ビジネス・いろいろな場面で。投資のことでいうと、この決断の為の知識の蓄積がないと大きな損失をつくる可能性が高くなってきます。
また、仮にその決断によって失敗したとしても、「知識」よりももっとすばらしい「経験」というものを得られることになります。そして、「知識・経験」を得ることによって間違った決断をする確率がもっと減っていきます。
一番、良くないパターンは、知識を得る努力を嫌い、「投資は危険みたいだし、よくわからないから」と手を出さない人。知識を得る努力もせず、いきなり投資をして失敗するよりは良いかもしれませんが、仮に失敗しても「なぜ、失敗したのだろう」と考え、勉強してみようとステップアップしていければ、むしろ最初の失敗は安い勉強代になる場合もあります。
ちょっと内容がそれましたが、本を読むこと=知識を得ることは、難しいことではなく、むしろ楽しいことです。人間は、基本的に学習することが好きなのかなぁとつい思ってしまいます。「生涯学習」って誰か有名な人が言っていたような・・・松下幸之助だったっけ・・・

スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2005 アセットファクトリーのバリュー投資ブログ, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。